沖縄県

運転マナーが悪い県としては沖縄県があります。特に在中する米兵が夜、飲酒運転している、という指摘や報道があり注意が必要です。もちろん、アメリカでは少量では飲酒運転にならない、という法律がありますが、日本とは治外法権で締結されているという事情があるのですから、そのような行為は実際には控えるべきでしょう。

 

ですが、地元の警察も実際に飲酒運転をしている現場でもない限り、米兵の車を止めることができない、という難しい事情があります。また、沖縄県は中心街が密集しており、すぐに地方になれば、車がすいているということもあるので、どうしてもスピードを出し過ぎてしまうということがあります。そのようなことは当然ながら事故になるリスクを高めてしまうので、できる限り控えておくようにすることが望ましいといえます。

 

きっちりと安全管理をできるようにしておくことが、望ましい対応ということになるので、まずは自分で意識して安全管理を徹底しておくことが必要になっていきます。自分でどういう運転が望ましいのか、ということをまずは認識しておくことで、交通事故になることを確実に防ぐことができるということが、非常に大切になっていくことではないでしょうか。